プリンターは純正インクが高いのがネック

プリンターは本体は数千円程度と安いですが、インクが高いのがネックです。とくに正規品は非常に値段が高いので、ランニングコストが馬鹿になりません。会社で経費を削減したいときには、純正品ではなくてバルク品を使うようにするといいでしょう。バルク品というのは、純正品ではなくて他の無名メーカーが作っている商品のことです。中国製が多いのですが、こうしたものなら純正品に比べて数分の一という安い値段で手に入れることができて最高です。もちろん発色は純正品ほど素晴らしくはないのですが、通常の用途であれば問題ないレベルです。型さえ合っているなら普通に使えますし、ネット通販やスーパーなどでも手に入れられるのでオススメができます。多くの人は、純正品よりもこうした廉価品を購入して使っているのが実情です。ただ、保証は効かなくなるので注意です。

プリンターのインク選びについて

プリンターは、どういうインクを使うかで発色も変わってきます。本体がどれだけ性能面で素晴らしいものであっても、インクが劣悪な品であればいい印刷はできません。プロの現場で使うのであれば、ぜひともインクにはこだわりたいところです。できれば、純正品を使うのがベストです。それぞれのプリンターには、そのメーカーが出している純正品が存在しています。純正品は確かに値段が高い傾向にありますが、その分発色もいいですし、本体を故障させる確率も低くなります。大切な印刷物には、純正品を使うように心がけるといいでしょう。ただ、すぐに捨ててしまうような書類なら、バルク品でも問題は起こりえません。白黒のテキストを印刷するときにも、両者の差はほとんど気にならないでしょう。大きな差が出るのは、やはりフルカラー印刷においてです。

プリンターのインクがないときの応急処置方法です

レーザープリンターのインクが切れてしまったときに役立つ裏技をお教えいたします。ずばり、トナーカートリッジを振ります。ほとんど使い終わった歯磨き粉を振るとまだまだ出てくることがありますよね。実は、それと同じ原理がこちらでも通用します。カバーをあけて、切れてしまった色のトナーカートリッジを引き出します。そしてひたすら振り続けます。するとインク切れの表示が消えます。何度か使っているとまた表示が出てきますが、もう一度同じ作業をすればまた解消されます。この作業を繰り返すことでしばらくは印刷が可能になるので、買い置きもないといった場合には非常に有効な手段といえます。さらに、これによってインクを余すことなく使うことができますのでコストダウンにもつながるので大変便利です。オフィスなどでよく使われている裏技です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.

Scroll to top